FC2ブログ
201908072132001.jpg
MGデュナメスが完成したので次はHGUC シルヴァ・バレト・サプレッサーを作っていこうと思います。
まず今回は出来る部分の後ハメ加工やパーツの接着を行い合わせ目を処理していきます。
シルヴァ・バレト系キットは結構合わせ目が出る所が多いのですが
特にサプレッサーでは前腕が6本もあり全て挟み込みなのでやや面倒です。
まずは可動する腕ですがリューターなどでピン穴を後から関節を押し込めるようU字に削ります。

201908072132002.jpg
続いて肘関節側のピンも短めにカット。
いきなりカットせず、現物合わせで少しずつ切りながら
ピン穴部分にひっかかりが残るようにします。


201908072132003.jpg
接着する前に装甲に無理なく組み込めるか確認します。
どうしてもややガタつきが出てしまいますが、横の穴から固定ピンに接着剤を流し込めるので
あまり気にしなくても良さそうでした。


201908072132004.jpg
無可動の腕は特に気を使う事はないのでそのまま干渉するピンをカットします。
少し引っかかりを残しておきますがガタつく場合はこちらも横のピン穴から手軽に接着剤で補強可能です。


201908072132009.jpg
後ハメ処理が終わったら前腕を接着しておきます。
ポリキャップやノズルパーツをはめ込むのを忘れないようにしておきます。


201908072132005.jpg
武器がビームマグナムだけだと少し寂しい気がするのでシルヴァ・バレトからいくつか武装を流用する事にしました。
シールドですがこちらも砲身などが挟み込みで合わせ目が出るので


201908072132006.jpg
201908072132007.jpg
○で囲った部分をカットし後ハメ加工しておきました。
砲身のレールは少し引っかかりを残してポロリしないようにしておきます。



201908072132010.jpg
こちらも後ハメ加工が終わったので接着。
他にも処理して問題のない合わせ目のあるパーツも接着しておきます。


201908072132011.jpg
201908072132012.jpg
太腿や胴体など段落ちにしても違和感のなさそうな所は
合わせ目部分を彫り込んで段落ちモールド加工しておきました。


201908072132008.jpg
後はビームマグナムもモナカなのですが、RGのマグナムがたくさんあるのでHGUCのパーツは使わず
造形やギミックがより凝っているRG版のマグナムを持たせる事にしました。
無改造でもきちんと持ち手にハマりぴったりです。
これで大部分の合わせ目は処理したので次回からディテールアップなどをしつつ各パーツを仕上げていこうと思います。

(プレミアムバンダイ)
icon
icon
・HGUC ハイゼンスレイII
icon
icon
・HGUC フルドドIIなどが受注されています。

(amazon)



(あみあみ)

・ガンプラ予約一覧
テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.