FC2ブログ
2019081538937473001.jpg
最後に残った胴体を進めているデアゴのR2-D2。
今回は超音波センサーや回転センサーを組み付けていきます。

2019081538937473002.jpg
82号は右ツールコンパートメント&ドア、
左ツールコンパートメント&ドア、グリルパーツ2種、フロントハウジング、
ヒンジパーツ3種、センサーハウジング、超音波センサー2種、それにビス類が付属します。



2019081538937473003.jpg
まずは右ツールコンパートメントドアパーツにヒンジを組み付け
右ツールコンパートメントに取り付けます。


2019081538937473004.jpg
組み付けるとこのようになります。
しっかり組み付けるとドアには軽いクリック感があるのでパカパカとは開きません。


2019081538937473005.jpg
左ツールコンパートメントも同様にヒンジパーツを使ってドアを組み付けます。


2019081538937473006.jpg
完成したツールコンパートメントを前回組んだボディパネルにビスで固定します。


2019081538937473007.jpg
組み付けるとこのようになるのでドアがスムーズに開閉するかチェックしておきます。


2019081538937473008.jpg
続いてグリルハウジングにグリルパーツをビス止め。
ガタつかないようにしっかり固定します。


2019081538937473009.jpg
2019081538937473010.jpg
センサーハウジングに超音波センサー2種を取り付けます。
超音波センサーはセンサー裏側に刻印があるので説明書を見ながら間違わないように取り付けます。


2019081538937473011.jpg
そうしたらグリルハウジングに組み込み


2019081538937473012.jpg
ボディパネルにビス止めします。


2019081538937473013.jpg
続いて動作チェックです。
テスト基板に超音波センサーを繋ぎ電源を入れ


2019081538937473024.jpg
センサーの前に適当な障害物を置くと


2019081538937473014.jpg
正常に動作している場合画像のように黄色いLEDが発光します。
今回は無事発光したのでこれで82号の作業は終了です。


2019081538937473015.jpg
続いて83号です。
こちらはトップリングパーツ、リングコネクター2個、センターストッパー、
センサーマウント2個、左回転センサー、右回転センサー、センサーケーブル2本が付属します。


2019081538937473016.jpg
まずは以前組んでいたトップリングにリングコネクター&リングパーツを取り付け
トップリングを完成させます。


2019081538937473017.jpg
後は回転センサーにセンサーマウントをビス止めして


2019081538937473018.jpg
トップリングに固定します。
センサーにはLとRの刻印があるので間違わないように気をつけます。
同時に黒いセンターストッパーも取り付けておきます。


2019081538937473019.jpg
後は回転センサーを取り付けたトップリングをボディフレームに取り付け。
ビスで固定しますがフレームなので緩まないようしっかり組み付けます。


2019081538937473020.jpg
後はセンサーの動作チェックです。
こちらもテスト基板につなげますが電源を入れるとLEDが発光するので


2019081538937473021.jpg
定規などでセンサー部分を遮ります。


2019081538937473022.jpg
そうすると正常に動作している場合LEDが消えます。
両方チェックしてどちらも正常に動作したのでこれでテストは完了です。


2019081538937473023.jpg
これで今回の作業は終了です。
次回はハンドアームなどを組んでいくようです。


(プレミアムバンダイ)
icon
icon
・HGUC ハイゼンスレイII 12月発送分などが受注されています。

(amazon)






テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.