FC2ブログ
2019091128978176387001.jpg
胴体部分もだいぶパーツが揃ってきたデアゴR2-D2。
今週は86号と87号の紹介です。

2019091128978176387002.jpg
86号のパーツですが、
右ツールコンパートメント、右ツールコンパートメントドア、
インターフェースアームパーツ一式、ツールアームチューブ、ツールピボット、
パネルコネクター3種、カバーヒンジが付属します。


2019091128978176387004.jpg
まずはツールアーム各種を繋ぎます。
根本のツールアームチューブはビスで固定しますが他は接着剤を使います。


2019091128978176387005.jpg
そうしたら組んだインターフェースアームをツールコンパートメントにビスで固定します。


2019091128978176387007.jpg
2019091128978176387008.jpg
合わせてコンパートメントドアもビスで固定。
それぞれきちんと動作するか確認しておきます。


2019091128978176387009.jpg
コンパートメントが組み終わったら以前組んでおいたボディパネルに取り付けます。
ここは先にドア部分をくぐらせないと引っかかるので注意が必要です。


2019091128978176387010.jpg
あとは付属するパネルコネクターをビスで取り付け


2019091128978176387011.jpg
組み上げておいた他の前面ボディパネル2種とつなぎ合わせます。


2019091128978176387012.jpg
これで様々なギミックが搭載された前面ボディパネルの完成。
ドアやアームは干渉していないか、クリックがしっかり効いているかなどを確認しておきます。


2019091128978176387013.jpg
続いて87号です。
こちらはドームサポートセンター、ドームサポートアーム3枚
ベアリング、ベアリングリテーナーが付属。
こちらは全て金属製のパーツとなります。


2019091128978176387014.jpg
まずはドームサポートセンターにドームサポートアームをネジ止め。
負荷がかかる部位なそうなのでネジ止め剤を併用ししっかり締めておきます。
アームは1つだけ突起のあるものがあるので向きに注意しておきます。


2019091128978176387015.jpg
後は中央にベアリングをセットして


2019091128978176387016.jpg
ベアリングリテーナーをかぶせてネジ止めすれば今週の作業は終了です。


2019091128978176387017.jpg
ボディ前面のパネルが出来上がったのでだいぶ完成に近づいた実感があります。
次号はボトムパネルなどが付属するようです。

(プレミアムバンダイ)
icon
icon
・RG クロスボーン・ガンダムX2などが受注されています。

(amazon)


(あみあみ)

・ガンプラなどの予約一覧

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.