FC2ブログ

クレオス プロコンBOY WA トリガータイプ ダブルアクション0.3mm

202005112898478734001.jpg
メタリック塗料の吹き付けに使っていたタミヤのHGエアブラシ。
こちらは15年以上使っていた物なのですがさすがにガタが来て壊れてしまったので新しい物を買ってみる事にしました。


202005112898478734002.jpg
壊れたエアブラシはプッシュ式ですがそちらと同様にメタリック塗装に使おうと思っていて、
自分の場合メタリック系はブワっと塗る事が多いので指が疲れないトリガー式にする事に。
タミヤのトリガータイプも持っているのですが、
同じ物を買ってしまうとふとした時に間違いそうなので今回はクレオスから発売されている
プロコンBOY WA トリガータイプ ダブルアクション0.3mmを購入しました。
価格は15,400円です。

202005112898478734003.jpg
こちらはケースに入っていて塗料カップは一体タイプではなく取り外し可能なタイプです。


202005112898478734004.jpg
エアブラシ本体以外の付属品はエア缶に使うエアー調整ネジ、ノズル用レンチ、
それにエアホースが入っています。


202005112898478734005.jpg
こちらがエアブラシ本体です。
クレオスのトリガータイプエアブラシは画像のようにグリップが無いのが特徴で
全長も短めのコンパクトなサイズになっています。


202005112898478734007.jpg
エアーバルブ部分は付属の細いホースに対応したジョイントが付いていますが
こちらを外せば一般的なサイズのSネジが使えるようになります。


202005112898478734006.jpg
後端部のニードルストッパーも一般的なエアブラシと同じ仕様で
こちらを回転させる事でレバーの可動域を制限できます。
締め込めばレバーの可動も狭くなり塗料の吹付け量を調整する事ができます。


202005112898478734008.jpg
ニードルキャップは一般的な丸形の形状のみ。
0.5mmタイプのように複数の形状が付属したりはしません。


202005112898478734009.jpg
メインで使っているプロコンBOY WAプラチナVer2と並べて。
長さが短めになっていてその分軽く、重さはこの状態で130gほどでした。


202005112898478734016.jpg
ホースを繋げてみました。
この状態だとトリガータイプですがグリップが無いのでプッシュ式とトリガー式の中間のようなちょっと変わった持ち心地です。
どうも安定しないのが気になるという場合


202005112898478734017.jpg
ドレン&ダストキャッチャーを追加する事でこちらがグリップになり、普通のトリガー式に近い持ち心地になります。
0.5mmの方は別売ですが幅広のグリップが売っています。


202005112898478734015.jpg
タミヤのトリガー式と。
自分はこのドレン&ダストキャッチャーを使った方が持ちやすく手に馴染む感じで気に入ったのですが、
その分重さが加わるので軽いというアドバンテージは無くなります。
ドレン&ダストキャッチャーを取り付けた場合184gでタミヤのトリガー式190gとほぼ同じ重さになりました。
ただこちらの物は昔から使っているもので、
今だと Mr.ドレン&ダストキャッチャーIIライトという物があり21gほど軽量化できるようです。


202005112898478734019.jpg
軽く使ってみましたがレバーを引いた時の塗料が出るポイントなども分かりやすく新品だけあり快適に使えます。
特に不具合もなかったのでFUNコーティングでカップ内をコートしておきました。


202005112898478734018.jpg
ずっと使っていたエアブラシだったので壊れた時はちょっと寂しかったですが
トリガー式にした事で指が疲れにくくなり、より長時間快適に作業できるようになりました。
ペンを持つように使うプッシュ式より細かい作業はしにくいと感じる所はありますが
メタリックやクリアのようにブワっと塗るような時は自分の場合トリガー式の方が楽に感じます。
ただ単品だとグリップが無いため持ち心地がちょっと独特なので、
普通のトリガータイプのようにしたい場合はドレン&ダストキャッチャーを一緒に用意するのが良いと思います。

(プレミアムバンダイ)
icon
icon
・ガンダムベース限定品 特別販売

(amazon)



(あみあみ)

・クレオス エアーブラシ プロコンBOY WAトリガータイプ(ダブルアクション) PS275