FC2ブログ
2020060928784002.jpg
前回からの続きでマストの作業などを進めていく武蔵。
おおまかにマストを組んだら次は13号電探やガフなどを取り付けていきます。

2020060928784003.jpg
13号電探はトラス状の支柱があるので先に塗装しておきますが組み立て時にどうしても塗装が剥がれるので
そのあたりは後でまとめてリタッチします。
この電探はちょっと力が入ると歪んでしまいますし、アンテナのパーツをくぐらせる時に接着しろに引っかかりやすく
そこでも歪みやすいので慎重に組み立てます。


2020060928784004.jpg
組み立てたらそれぞれのパーツを接着します。


2020060928784005.jpg
そしてラッタルの取り付けです。
小さい足は内側に折り曲げてからそれぞれマストに接着していきます。


2020060928784007.jpg
2020060928784006.jpg
ラッタルを取り付ければやっとマストが完成です。
キットのマストではラッタルなどが省かれているのでこれでより情報量が増しました。


2020060928784001.jpg
中央構造物の本格的な組み立てに入る前に船体を塗り分けていたマスキングテープを剥がします。
きっちり塗り分けられているのを確認したら
中央構造物の作業に手を付けると船体の汚しなどがし辛くなるため先に船体に汚しを入れていきます。


2020060928784008.jpg
まずは色々な種類の油彩で表情を付けていきます。
今回はパーマネントホワイト、ライトグレイハイライト、ダークグレーフェーディング、シャドウフォーグレイシップス、バーントアンバーを使います。


2020060928784009.jpg
使い古した筆などで油彩を少量船体に付けていきます。
舷窓などの下には暗い色をメインに、それ以外には白やグレーを中心に置きました。


2020060928784010.jpg
後は溶剤(ターペンタイン)を少し含ませた筆をこまめに綺麗にしながら上から下へボカしていきます。
油彩は完全に乾燥するとエナメル溶剤では溶けなくなるので
しっかり乾燥させてから次はスミイレ兼ウォッシングなどを済ませます。

(プレミアムバンダイ)
icon
icon
・HG ガンダムプルトーネなどが受注されています

(amazon)


(あみあみ)

・タミヤ 1/350 大和
テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.