FC2ブログ

シモムラアレック シャインブレード ウノ1×1

2020080429308978274003.jpg
すこし前に紹介したシモムラアレックのシャインブレードぐるぐるBARとKIWA
掃除も楽で表面処理などに愛用しているのですがモールド作りにも便利そうだなと思い気になっていてウノも買い足してみました。
価格は2,640円です。
2020080429308978274005.jpg
こちらのウノは名前通り幅1mmのヤスリとなっています。
シャインブレードなのでステンレス製が使われているためサビに気を使う必要もありません。
形状はKIWA同様スティックタイプで細いヤスリですが持ち手があるのでしっかり持てます。
ただ厚みが1mmとなっているため極端に力を入れると曲がったりするのでそのあたりは注意が必要です。


2020080429308978274006.jpg
2020080429308978274007.jpg
ヤスリ面は1×1mmの正方形。
裏表にヤスリ面があり側面にはありません。
刃部分は15mmほどの長さがあるのでストロークは十分です。


2020080429308978274008.jpg
KIWAの縮小版かと思いましたがこちらは裏表にヤスリ面があり、表は600番相当となっています。
単目のヤスリなのでぐるぐるBARと違い縦方向にしか削れません。


2020080429308978274009.jpg
もちろん溝はU字なので掃除も軽く歯ブラシなどで払うだけで簡単に削りカスが取り除けます。


2020080429308978274010.jpg
裏面は1000番相当となっていてこれ一本で仕上げも行う事ができます。


2020080429308978274011.jpg
幅1mmなのでKIWA以上に狭い面もヤスリがけ可能。


2020080429308978274012.jpg
そのままくるっと裏返せば仕上げも出来るので細かい作業に集中できます。


2020080429308978274013.jpg
自分はこれ目的で買った所があるのですが、KIWAとウノは正方形で側面にヤスリ目がないので
カットした薄いプラ板数枚をバイスで固定し


2020080429308978274014.jpg
こんな感じでヤスる事で簡単に凹ディテールを作る事ができます。
今までは積層フィンパーツなどを作る際同じ固定方式でタガネを使い彫っていたのですが
こちらを使うと少ない枚数でもブレにくく気軽に作業できます。
使っているバイスはクレオスのMrバイスです。


2020080429308978274015.jpg
2020080429308978274016.jpg
数枚のディテールパーツを作る場合まとめて処理できますし形状も揃えやすいです。


2020080429308978274017.jpg
基本的にKIWAと同じタイプのヤスリですが裏表面にヤスリ目があり一本で2つの番手が使えるのが便利です。
厚みが1mmという事で若干繊細にはなっていますが
細かい所のヤスリがけやモールド彫りなどにこれからも使っていこうと思います。

(プレミアムバンダイ)

icon
icon
・RG ソードインパルスなどが受注されています

(amazon)


(あみあみ)

・シモムラアレック シャインブレード UNO