HGアルケーガンダム
今日のレビューはコチラ
HGアルケーの完成編でございます。
6月のラッシュ前になんとか完成できたので良かったですよ。

可動範囲などはコチラのパチレビューで
では続きは↓か画像をぽちっと


まずは素立ちから。
色は以前から青くしたいと思っていたので青にしました。
透き通った濃い紺色を目指してます。


HGアルケーレビュー
GNバスターソードのみメタリック塗装


IMGP5820.jpg
外装は光沢クリア吹きっぱなし。
フレーム部はつや消し仕上げです。


IMGP5819.jpg
バインダー部分は6角形な模様をマスクして塗装


IMGP5881.jpg
いじった所は
■ヘルメットを角ばった感じにアルテコ等で形状変更
■肩フレーム3mm延長、肩アーマーも先端を2mm延長
■股関節のBJを関節技に置き換え
■サーベル基部作成
■羽や各アーマー、コアファイターなどはプラ板を貼って削り込んで先鋭化
■GNバスターソードにプラ棒にて刃部分を追加、バレルのディテールアップ
こんなとこでしょうかー

IMGP5878.jpg
バストアップ。
ヒケ処理は結構面倒な部類です。
頭部やGNソードは合わせ目接着して消してますが腕足は後々バラせるように段落ち処理。
腰アーマーやソードの肉抜き穴はエポパテで埋めてます。
スジボリはほぼ全て彫り直し。スミイレは明るめのグレーで流してます。
相変わらず手袋の繊維ががが
素手じゃ触れないですし繊維がつかない手袋ないかなあ。


IMGP5816.jpg
ライフルモード。バレルは金属色使ってます。
(G)スターブライトジュラルミンと(F)チタニウムにて塗装。


IMGP5822.jpg
長方形の■部分はつや消し仕上げでマジョーラマッターホルンを吹いてます。
角度によって青くなります。


IMGP5823.jpg
スライド機構を残したまま後ハメ可能ですが擦り合わせが必要です。


IMGP5824.jpg
バレルは開口して真鍮パイプ埋め込み。


IMGP5825.jpg
シールド中心部のグレーのみつや消し仕上げ。


IMGP5826.jpg
GN粒子噴射口。
シルバー下地にクリアオレンジ+MGゴールドパール塗装。
このへんもスジボリ浅めなんで彫り直すのがおすすめかなー。


IMGP5827.jpg
GNバスターソード。刃をプラ棒で作ってシャープに削ってます。
こちらも(G)スターブライトジュラルミンで塗装。


IMGP5828.jpg
関節強化したんで手首を寝かせても片手保持できます。
ただ絶対そのうち緩むと思うんで腕周りは接着しないでバラせるようにしたほうがいいかも。


IMGP5829.jpg
セラヴィーとブンドド。
長い腕にでかい剣なので振り回すと凄い写真栄えしますねー。
角度によっては照明かなり写りこむんで撮影難しかったです。


IMGP5830.jpg
振り回すポーズつけて遊ぶと凄くカッコイイのですが
四肢が長い分軸に無理な力がかかりがちです。破損には注意を。


IMGP5831.jpg
全身トゲトゲにしたので手袋がたまに引っかかってヒヤヒヤ。
バスターソードの先端とか落としたらタダじゃすまないだろうなあ。


IMGP5832.jpg
肩フレームに可動があるので両手持ちもラクラク。


IMGP5833.jpg
バインダーの6角形は型紙を作り大小&くりぬいたものをランダムに配置。


IMGP5834.jpg
バインダー内部や裏は(F)ライトガンメタルで塗装。


IMGP5836.jpg
足サーベル。
薄く銀を吹いてパールでグラデーションしてます。


IMGP5837.jpg
踵の干渉部分を削り込み足首を反らせるようにしています。


IMGP5839.jpg
サーベルキック。


IMGP5840.jpg
セラヴィーにどーん
GNドライブ背部のリングっぽいところはGN粒子噴射口と同じようにMGパールゴールドで塗装。


IMGP5842.jpg
変体サーベル合戦。
ゲテモノロボは楽しいなあ。


IMGP5843.jpg
阿修羅もそうでしたがこれもメチャクチャスペース取ります。


IMGP5844.jpg
00とブンドド。
関節は瞬着で厚みを増してます。パチだとすぐクタクタになったので強化は必須ですねえ。

IMGP5873.jpg
股関節はBJに遊びがあってプラプラ&保持力微妙ですんでここはいじった方がよろしいかと。
関節技に置き換えるとここまで開脚できるようになります。
GNドライブはラピーテープを貼ってクリアパープルでレンズを塗装。
光を拾うとうまいぐあいに光ります。


IMGP5871.jpg
アルケーは色々なMSと絡ませられるので楽しいですねえ。


IMGP5872.jpg
では色レシピでも。全て1200番サフ吹いてます。
■青→下色に(C)スージーブルー+(C)クールホワイト→(F)ウルフブルー
ウルフブルーは透き通った赤味のない綺麗な紺色が出るんですが
隠ぺい力が皆無でどっちかというとクリアカラーに近いです。
下色ちゃんと塗らないとマトモに塗れないんで大変でした。
■青2→ファングコンテナハッチはウルフブルーを倍ぐらい吹き付けて色味を濃くしています。
あまり目立たないのでちょっと色変えれば良かったかな。

■GNソードの青→下地(F)フォーミュラクローム→(F)ウルフブルー→FGパープルパール


IMGP5845.jpg
■白→(C)クールホワイト+(C)エアクラフトグレー
■胸ダクトなどの灰色→(C)エアクラフトグレー+(C)スージーブルー
■フレーム等の灰色→(G)ドゥンケルグラウ+(C)エアクラフトグレー
目などはエナメルのクロームシルバーで塗装してます。
トップコートは(G)蛍光クリア吹きっぱなし
つや消し部分はスパクリ3ベースの自作フラットクリア

IMGP5848.jpg
忘れがちなコアファイター。
でも一回やったらやりませんよねこれ・・・


IMGP5851.jpg
00と並べて。
青くしたのはケースの敵MSに青いのがあまりいなかったからだったり。
両方ともボリュームありますがアルケーはホントでかいなあ。


IMGP5846.jpg
以上。HGアルケーガンダム レビュー完成編でした。
キットはカッコイイんですが保持力や強度に若干難アリな感じですねー。
四肢はどこも強化必要なんで素組派の方は結構面倒なキットかなーと思います。
でも関節強化したり股関節の可動広げたりすると
物凄くカッコイイポーズ取れるようになるんでちょっといじるのがオススメでしょうかねー。

■何か忘れてると思ったらファング展開写真忘れてた・・・
平手やっぱり欲しいなと思い改造用にイナクトの手とか部品注文してるんで
完成したら合わせてUPします。

6/23 手完成しましたー。
IMGP6549.jpg


IMGP6544.jpg
撮り忘れのコンテナ展開。
ファングは白の上にマジョーラマッターホルン。
若干BJを延長して開きを大きくしています。

IMGP6545.jpg
イナクトの平手とアルケーの甲を組み合わせて平手つくりました。
そのままでは当然合わないのでエポパテなど合うように作っています。
イナクトの指先は丸いのでジンクス系の手になるように鋭く加工しました。


IMGP6546.jpg
やっぱり平手あると良いです。
加工も簡単なのでおすすめー。
ただBJはどこかから流用しないと径あいません。


IMGP6547.jpg
少々難ありだったりするキットですが作ってて楽しかったです。
パチレビューはコチラから



テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.