IMGP7607.jpg
今日のプラモレビューはコチラ。
昨日出荷日のHGケルディム GNHW/Rのレビューです。
最終決戦仕様でライフルビットやピストルが追加されたケルディムですねー。
■塗装終了して完成しました。

では続きは↓をぽちっと

IMGP7603.jpg
ではパチパチと組んで前から。
レンズ類は組み込んでいません。
以前のケルディムにライフルビット*6、GNビームピストルⅡが2丁追加されています。
なのでビットの位置が変更されマウントされています。


IMGP7604.jpg
両肩横にビットがマウントされているので
シルエットはどことなくデュナメスを彷彿とさせる感じになります。
尚ケルディムに追加ランナー大1枚小1枚という形なので
ビットスタンドやフォロスクリーンなども付属。


IMGP7605.jpg
以前大量にビットがついていたGNドライブ周りはラ
イフルビットが鳥の尾羽のようにマウントされています。


IMGP7606.jpg
バストアップ。本体は以前と変わりません。
可動範囲も特に変わりませんのでノーマルのケルディムレビューを参考にしてくださいませ。


IMGP7608.jpg
付属のシールはGNドライブ周りや目、胴体の一部に仕様。
それと新規にPETシールという額用のシールが付属します。
薄くて馴染みやすくなってる感じかな。


IMGP7610.jpg
肩は新規のビットマウントに換装。
ビットはそれぞれ装着&取り外しが可能。
基部は前後にスライド可動が可能ですが回転させる事はできません。
ただしこれはビット裏打ちのパーツっぽいんで本当ならバラバラにしないといけないのかな。
見栄えというか設定を考えると全部取り外しか全部装着になっちゃいますね。



IMGP7609.jpg
GNドライブ横にGNピストルが追加。
合計4丁拳銃になります。


IMGP7611.jpg
右肩にはライフルビットマウントが追加。



IMGP7612.jpg
ライフルビット。4パーツ構成のモナカです。
グレーの部分は回転可能。センサーはクリアブルー成型になっています。
以前だと塗装しなくてはいけなかったのでこれは楽できますね。
尚、しっかりはめ合わせないとすぐポロポロ連結が外れてしまうので
モナカをしっかりはめ合わせるのがよろしいかとー。


IMGP7613.jpg
ライフルビットは自由度が高くこんな感じにまとめてマウントできたり


IMGP7614.jpg
こんな風に組み替えたりできます。


IMGP7615.jpg
これで最終決戦が。
しかしガデッサ付属のスタンドはどうしても上向きがちになっちゃうなあ・・・


IMGP7618.jpg
以前作ったケルディムと。
さすがにボリュームはかなり違います。


IMGP7619.jpg
後姿の方が顕著かな。


IMGP7620.jpg
ライフルビットを浮かせて。


IMGP7621.jpg
ピストル&シールドビット+ライフルビット
ビット全部浮かせると凄い事になりそうですね・・・


IMGP7623.jpg
ワンセコンド可能なアレでわき腹にブスリな図
一つ買ったら他のGNHWも欲しくなってきてしまった・・・!


HGケルディムGNHWレビュー
以上。HG ケルディムガンダムGNHW/R レビューでした。
ノーマルケルディムのキット自体の出来も良かったんで特に不満はないですねー。
デュナメスの意匠が入ってるシルエットも面白いです。
ライフルビットはモナカですがセンサーがクリアブルーで良く出来てます。
センサー後ハメもピンを短く切るだけでOKなので塗装派の人もマスキングいらずで楽できるかと。
自由度の高いビットスタンドもありますしポーズつけて飾るのも楽しいです。
これは別なカラーで塗ろうと思うのでMGやホワイトグリントの合間に作っていこうかな。




テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.