セラヴィーGNHW/Bレビュー
今日のプラモレビューはコチラ
HGセラヴィーガンダムGNHW/Bのパチレビューでございます。
肩や膝にGNフィールド発生装置、腰にキャノンが追加されヴァーチェに近いシルエットになります。

では続きは↓をぽちっと

セラヴィーGNHW
箱絵は相変わらずカッコイイ。
お値段他のGNHWと変わらず1800円なり。


IMGP8453.jpg
今回の追加部品。
多色成型ランナー1枚と膝に挟み込むパーツの小さいランナー合計2枚が追加されています。
GNフィールド発生装置は専用のコネクトパーツを取り付けて接続します。
ですので脛のパーツや肩の黄色いスラスターを接着していたりすると以前のものには装着できません。
自分は肩を合わせ目消して接着してしまったんで肩パーツ作り直さないとダメになりました。


IMGP8455.jpg
では以前作ったセラヴィーをばらしつつ組みつけ。
元々ごついシルエットだったものがさらにごつくなります。
足もコネクトパーツを挟み込むので前後にさらにボリュームアップ。


IMGP8456.jpg
肩キャノンにもフィールド発生装置もしくはコンデンサが取り付けされます。
こちらも専用のコネクトパーツを挟み込むので接着していると取り付けできません。


IMGP8457.jpg
背面はこんな感じ。
キャノンの追加パーツが若干邪魔をしてフェイスバースト時のアンテナ展開があまりできなくなります。


IMGP8458.jpg
可動範囲は腰のキャノンが若干干渉する程度でほぼ以前と変わりません。
ですのでこのへんを参照にしてくださいませ。


IMGP8459.jpg
肩についただけでかなりヴァーチェっぽくなりますねー。
ケルディムもそうでしたが面白いデザインだなと。


IMGP8460.jpg
肩のGNフィールド発生装置は展開可能。
ここの黄色はシールで補えます。
合わせ目も出ない親切設計。


IMGP8461.jpg
足や腰キャノンも展開できます。
腰キャノン基部のみ合わせ目が出ます。


IMGP8462.jpg
フルバースト


IMGP8463.jpg
8門に増えて物凄い迫力に。


IMGP8464.jpg
自重もさらに重くなるのでスタンドはアクションベースが無難でしょうか。


IMGP8465.jpg
ちゃんと塗装したらツインダブルバズーカで飾ろうかなと。
パチ状態だと塗膜の厚さがないんでダブルバズーカは保持できませんでした。


IMGP8466.jpg
セラフィム用のGNビームマシンガンも付属します。
センサーはブルーのクリアパーツで再現。
セラヴィーの腰キャノンも接続可能です。
本来は腕にコンデンサがつくのですがこちらも合わせ目消しで接着していた為取り付けできませんでした。


IMGP8467.jpg
こちらもナカナカの迫力になります。
武器がサーベルしかなかったんでビームマシンガンは嬉しいですねー。
セムと同じデザインのマシンガンなんで3G作りたい人にも便利そうです。


IMGP8468.jpg
以上。HGセラヴィーガンダムGNHW/B レビューパチ編でした。
元々迫力あったセラヴィーがさらにごついシルエットになるので凄い迫力です。
セラフィム用のGNビームマシンガンもついてきますし良いキットですねー。
ただし接着してる場合はそのままでは取り付けられないので一部作り直す必要があります。
セラフィムの腕なんかもそうなのでそこだけは注意をー。
■セラフィムレビューはコチラ
■HGセラヴィーガンダムGNHW/B(あみあみ)
テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガンプラの山を崩せ, All rights reserved.